太陽光発電 導入までの流れ

太陽光発電を取り入れると決めたらすべきこと

設置の計画が済み、導入を決めたら業者へ連絡します。
業者が決まっていないのであれば、業者を選ぶ所からスタートしなくてはなりませんね。
その後業者の方が設置場所を視察し、見積もり書を提出してくれます。
ここまでは無料で行ってくれる業者も多いので、この段階になってから一つの業者に絞り込むことも可能です。
その後設置を決定したら、施工に入ります。
設置工事を行い、設置が行われたら今度は電力会社へ引き渡しを行います。
この引き渡しは業者が行うことですから、何か特別に用意しなくてはならないことはありません。
その後電力会社が設置の状態が安全であるのか正しいのか確認し、問題無ければ完了になります。
自治体によっては補助金の申請も行えますから、こらは引き渡しが完全に終了し運転が始まったら申請しましょう。
それと同時に運転開始日にはメーカーに保証書を受け取りましょう。
複雑な流れにのように見えますが実際に自分で行うのは業者を選ぶことと補助金と保証書の申請くらいです。

 

太陽光発電の設備の設置に掛かる機関

太陽光発電の設置には、大きく分けて2種類の工程があり、機械を設置する機器設置工事と電気を通す電気配線工事です。
もし自宅の周りに光をさえぎるようなものがあれば角度などを変える事になりますから、それに必要な工事も行います。
さらにパワーコンディショナーの設置も合わせてだいたい一週間で作業は終了します。
しかし打ち合わせなどを含め運転が開始出来るようになるまでにはおよそ1か月は掛かります。
ですから新築で検討されている場合な度は入居日にも影響しますから、スケジュールをしっかり確認して置く事をお勧めいたします。
またリフォームの場合でもライフスタイルを考えて導入時期を選ぶことが望ましいでしょう。
1か月の中で実際に自分たちが行動する日数は僅かですが、スケジュールを把握して置く必要があるでしょう。

 

地方自治体への補助金の申請

時報自治体によっては太陽光発電の設備の設置に補助金を出していることがあります。
補助金は申請しなkれば貰えないので申請することが必要です。
しかしこの地方自治体による太陽光発電の補助金制度は、複雑な場合も多く条件を満たしていなくてはなりません。
ですから補助金がどのような仕組みなのかは太陽光発電の設備の設置前に確認して置くべき内容です。
場合によっては事前申請が必要だったという事態を引き起こしてしまうかもしれません。
しっかりチェックし質問して置くと良いでしょう。